2012年08月 | 双葉美鶴の自堕落生活
FC2ブログ
HOME   »  2012年08月
Archive | 2012年08月

Dies irae~Amantes amentes~流出!

『Dies iraeコンシューマー版』発売!
Dies irae ~Amantes amentes~応援中!
diesiraeAA-hatsubai.jpg

回特典
・ドラマCD『攻略必須、いざグラムヘイズに往く前に』
先輩ルートで城に落とされる前の作戦会議
あれは台本通りだったのかー(棒)
そしてオチに使われた司狼でちょっとワロタ
ただ初回特典の為か超無難な内容。やっぱベアトリスさんがいないとはちゃっけられないのか

・ヴィジュアルファンブック
80Pのファンブック。キャラ紹介と名シーンダイジェスト、主題歌歌手である榊原ゆいインタビュー
設定資料集、というよりはファンブック。エロゲでよくあるファンブック
正田郷の座談会みたいのはない模様

約特典(ソフマップ)
・テレカ『湯上り着替え中の玲愛先輩・螢』
後ろで牛乳のんでるマリィさんカワイイ
着替え中の二人? 知らんよ!

・ドラマCD『実録・妹のミタ』
螢幼少期のベアトリ家にベイがやってくる話
最初はやだシリアスくる……? と思ってたがそんなことなかった
さすがベアトリさんやでー
ミニドラマだから7分くらい

そして『Dies irae ~Amantes amentes~ Ein Kleines Album』を同時購入
p_cd_dies-cs_sound.jpg

榊原ゆいによるDies主題歌『Jubilus』ED『Sanctus』と、追加BGM3曲収録
「Amantes amentes」「Omnia vincit Amor」「αEwigkeit」の3曲

主題歌『Jubilus』だけ聞いているけど無印OP『Einsatz』ActaOP『Gregorio』とは違った感じ
簡単に言うならアニメ主題歌っぽい
OPがアニメーションだからね! 
個人的には二期のOPも無印OPもお蔵入りにするのもったいないからどうにか挟んでほしかったなー

ちなみに『Jubilus』(ラテン読みで「ユビルス」)の意味は
『ハレルヤ(讃美歌)の最後の“a”を長く伸ばして歌う歓喜のメロディー』とのこと


まだ「煉炭、エイヴィヒカイト習得するの巻」ぐらいなので詳しいことは言えんけど
追加シナリオとしてタイトル画面からの『アザーストーリー』で追加話を見れるのだが
解放されるタイミングが早すぎる気がする
司郎・エリー登場前に司郎VS神父戦を見ることもできるのだが、初見の人間にはわけわからないキガス

ともあれオラ今から
波旬さん登場にわくわくしてっぞ!(∴)
べ、別に滅尽滅相のことなんて好きじゃないんだからね!

そしてOPムービーには触れない自分
アレはちょっと擁護できねぇ……
スポンサーサイト



We are feeling bumpy-jumpy!

世間はやれ某国だとかやれDQオンラインとかで騒がしいですが
あんま俗世とはハブられてるから関係ない日々を送る双葉です
夏ソング一人で歌ってるから別にさみしくないわ!
『本物の夏に再び会おうIt's my firm promise to youその日まで~♪』

『Dies iraeコンシューマー版』発売まであと三日!
Dies irae ~Amantes amentes~応援中!
無印版とお詫びディスクしか持ってないから完全版が欲しいお年頃
初回特典は
・「ヴィジュアルファンブック」A4・84ページ
・ドラマCD「攻略必須、いざグラズヘイムへ往く前に」

ドラマCDが欲しすぎるビクンビクン

【境界線上のホライゾンⅡ】点蔵ドM疑惑wwwwwww(ぷよアニ速報)
二期じゃ淒い主人公臭がしてる帽子忍者だけど、これじゃ
「点蔵君が地味に死んでますよ!」
「いやよく見ろ虫みたいにピクピクしてるぜ!」

って言われるのも仕方がないな!
一期ふくめてまだ活躍してないけどノリキみたいなダークホースだったりしないのかな
関係ないけどノリキの「わかってるなら言わなくていい」が好き。
活躍したらまた下巻だけ買うか

十文字青/一年十組の奮闘 「変てこ異能で戦う学園青春クラスバトル」(アキバblog)
わー楽しみだなあ薔薇マリ書けやオラァ
個人的に十文字せんせは異様な世界観と価値観の方が生き生きしてると思うの
なんかテンプレな〝ラノベ〟過ぎていてこれじゃない感
それよりも薔薇マリ書いてください


なんとなく撮った一枚
maskedriderastro.jpg
ビスケットうめぇ。そして何故こんなものを持っていた友よ
そしてフォーゼ最終回
見てないけどな

製品名がネガ×ゼロじゃなくて『Nega0』というのを今知った

夏休み終わりの足音が聞こえてくる………双葉です
ヤ、ヤメロ! 俺は何もしてねぇ! みんな騙されてるんだ!(真実を知って取り押さえられる主人公風に)
記憶は車をガリッっとしたくらいしか残ってないとか……
こういう時、ブログをやってると便利だ。日記代わりになってその日何をしていたかわかる
エロゲのことしか書いてないけどな!


今日の雑記
海外アニメファン「日本のアニメはなぜ笑う時に目を閉じるの?」(やらおん)
表現方法の違いとか笑うと目を細めるとかそういうモロモロはともかく
下の画像をもってして異論は認めない
dies-laugh

『Dies iraeコンシューマー版』発売まであと一週間!(唐突宣伝)
Dies irae ~Amantes amentes~応援中!


まあエロゲのことしか書かないのはエロゲの感想を書きたいがために始めたブログだからなぁ
初志貫徹。他に書くことがない薄い日常だからでは決してない
昔の感想を読むと地を隠してる真面目で中身がない気がするから書きなおしでもしようかね
というわけで
『ネガ×ゼロ』プレイ中
negazero-package.jpg

この作品を一言で表すなら『僕と契約して魔法少女を倒してよ!』である
戦闘パート有りで方式は「タイムゲージ制エリアバトル」(適当)

negazero-battle.jpg

行動(攻撃or移動攻撃)すると行動ゲージが減って行動をやめるとゲージ回復
自分が行動している間も敵のカウントが進んで相手も行動する形式
自軍はエリアを動いて攻撃をよけたり色々動いてチェイン(攻撃連鎖)させたりしていく
上の絵と体験版で雰囲気を感じてくれ
経験値を稼いだりする必要はない(ストーリーが進むとバトル発生)がないため楽
慣れるとワンパターンになるけども、このくらい簡単な方がとっつきやすいので個人的には良

トーリーを簡単に説明
主人公と幼馴染のヒロイン、謎のノートPCを拾う
そのノートPCは超ハイテク技術の塊だった(具体的に言うと中にいたキャラが画面の外に出てくる等)
未来PC・ファソが言うには「これから魔法少女が現れて世界がヤバイ」
魔法を使いすぎると世界がブルーに包まれて停止してしまうらしい
なので最初の「魔法少女」を「デバッグ」して魔法の存在が広まるのを防ごうと未来から来たらしい
魔法とは「過去にあったことをなかったことにして別の現実にする」力らしい
つまり「あの時ああなってれば……」を地で行くのが魔法少女
魔法を使う=現実が変わる=周りどころか本人すら気づけない、というとんでも現象。そら世界も止まるわ
デバッグとはその本人の「間違った記憶」を正して魔法を消す作業
要は無理やりのハッピーエンドの粗を探してバッドエンドに直す作業

つまり、アンチ魔法少女「ガールズデバッガー」として選ばれた超ネガティブ少女が、
ハッピーエンドを叩きつぶして魔法少女を倒す物語
さようなら、ご都合主義(ハッピーエンド)……

↓がメインヒロインのアンチ魔法少女「デバッガー」
negazero-negativzero.jpg

うん、変身ヒロインっぽい
そして下が敵の魔法少女(最初の敵)
negazero-princessmagica.jpg

うわーいスゴい魔法少女だぁ(棒)
得意技は銭投げと夏目(漱石)ブレード
ちなみにこの時すでに千円札は野口英世にとって代わられていたけどwww

そんな敵に加えて、デバッガーの方が魔法少女っぽかったり
しかも主人公が光の勇者「レジェンドジャスティス」(笑)に目覚めたりと
バカゲー臭しかしない
OPからもするこの圧倒的バカゲー臭……!
歌詞に『美味しい話ぜーんぶーイケメン限定(リミテッド)~♪』がある残念臭


歌詞の内容がもうね………
まあ作中にネットネタあんまないけど、どう考えても残念系のお話である
マギカの数年前でまだアンチ魔法少女というジャンルが確立される前のネタゲーとしか思えず
まさかそう錯覚させるのが狙いだと気付けるはずがない

そして次の2ndOPをご覧あれ


雰囲気TIGEEEEEEEEEEEEEEEE
歌詞が『優しさなくす世界~戦いはじめる~君しかいらない』とか
1stOPの『ネガティブゼロ・桐ダンス(今なら二個)♪』とかと同じ作品の歌なんだぜこれ

2ndOPでもわかる通り中盤から雰囲気が徐々に変わっていき最後はシリアスっていく
超展開ってわけじゃないが前半のお馬鹿要素を彼方に置き去りにしていく
そもそもデバッグが「過酷な現実を変えようとした魔法」を消す=「過酷な現実に叩き戻す」ということで
話が進んでいくごとに地味に心が削られていく

もう何を話してもネタバレになるレベルで、
ループモノじゃないが周回プレイをするごとに話が変わっていくのは見事
序盤のお馬鹿な雰囲気も決して無駄ではなく、この展開は読めないというか
周回するごとに(ネタバレ)主人公が弱体化していき最後には戦闘に参加すらさせてもらえない(デバッグ)のは面白かった

さようなら、ご都合主義(ハッピーエンド)……という言葉に魅かれるものがあればプレイ推奨

ちなみに4人ヒロインで当時は珍しかった今井麻美がいるが詳しく話すとネタバレするというジレンマ
クール+金髪ツインテール+×××という最強ヒロイン
個人的にこれ系の大好き。エロ的な意味じゃなくて
こう、心を押し殺そうとしてるけどそれでも抑えきれない感情的な
『FlyableHeart』の結衣・晶とかそれ系の普通なら絶対にあり得ないカップリング的な
『………昔、結婚の約束をした』は萌えゼリフ(キリッ


やっぱエロゲにループものというか周回系はかなり合うな
『共通ルートを繰り返す』というどうしてもなメタを逆手にとれるからもあって
よほどのことがない限り整合つければ面白くなる

エロシーン? 何のことですか
エロゲにエロシーンはいらないだろ(目をそらしながら)

境界線上のホライゾン ジャンル:鈍器

ふと『境界線上のホライゾンⅡ』を見ていたらハマって
放置していたのに勝手に録画してくれたHDDに感謝しつつ1期を見ていたら面白かったので
1巻(下)だけを買った双葉です

horizon1-so buatsui
上から読んでる途中の
入間人間の『多摩湖さんと黄鶏くん』P244
『終わりのクロニクル①〈上〉』P386
『境界線上のホライゾンⅠ〈下〉』 P771

一つだけ鈍器が混ざってる
何がすごいって終わクロが薄く見えるってのがもうね……
これに匹敵するのって電撃だと『多摩湖さん』と同作者の『嘘みー壊まー』8巻くらいしか思いつかん
しかもこれ「下」巻とか。分厚すぎて900円とか新書レベル
でも逆に値段的には1kないし1ページ当たりは安い

何故「下」巻だけかというと守銭奴夫婦の活躍とか「平行線」の話が好きだからってのと
『高嶺の花』相対が文でどう書かれてるのか気になったから。
アニメだと戦闘シーンで『盾』としての鳥居紋章がどうなってんのかなー、と思ったら描写なかったでござる
回想シーンで姉が弟を窓からぶん投げるシーンあったけど原作無視してね? と思ったら
原作通りどころか馬乗りになって顔を思いっきり殴ってたでござる
あと「もう一回いいでござるか」は爆笑したというかアニメとの落差がwwwww

アニメから入ったためか原作の見所をアニメがちゃんと再現していて神がかっているレベル
というか上下巻だけで1クールってすごすぎワロタwwww
上下合わせて1500ページくらいだから通常ラノベ5冊分くらいにはなるし丁寧に再現できていて好感触

ページ数多いとファンタジー読んでるなぁって実感できるのは自分だけだろうか
登場人物が多くて名前覚えんのが大変だとなおそう思う
楽しいけどこれマゾ的楽しみ方じゃないと思いたい
ただ思ったのは原作だとキャラが多すぎて誰がしゃべってんのかわからんねwwww

きーみーがーいたなーつーはー

謝肉祭と書いてカーニバル、五輪祭と書いてオリンピック
ならコミケは漫画祭ならぬ我慢祭だと炎天下の中で思った4年前、双葉です
最近行ってないけどまた人増えたとか聞くとトラウマスイッチ入るわ
レポート見るのは楽しいけどね。面白いレポあればタレコミplz

コミケ行かないといって欲しいモノがないわけでなく、というか欲しかった二品↓
『Dies irae ~Amantes amentes~ Ein Kleines Album』
p_cd_dies-cs_sound.jpg

榊原ゆいによるDies主題歌『Jubilus』ED『Sanctus』と、追加BGM3曲収録
「Amantes amentes」「Omnia vincit Amor」「αEwigkeit」の3曲
ガチで欲しいので31日にPC版とともに買う決定

『マリィ抱き枕カバー』
comike82_p01.jpg

抱きしめたくなる笑顔です。かつてここまで満面の笑みの抱き枕があったであろうか
さすが女神様。抱きしめてくれーっ!
波旬さんにガチ殺意を抱きたくなるのもうなずけるレベル
でも枕カバーってどうしてこんなに高いんでせうかね

【C82】3日目 いくつかのサークルが抱き枕販売停止勧告(あしたがみえない)
上で言っといてアレだけどショップとかで飾られてると正直ドン引きだしね……
最近のコミケはストップかからんとどこまで行くのかわからんのが多いから仕方ないちゃ仕方ない流れ


物欲全開な話だけなのもアレなのでアニメの話
『人類は衰退しました』
ロミオらしい世界観だが地味な映像化になると思ってたのに意外と面白い
というか「わたし」ちゃん毒舌prpr
ロングスカートに長髪という清楚っぽい外見なのに毒舌とか最高ですね

女主人公というと部活の話ほとんどしないわりに部の名前をタイトルに掲げる系アニメが多い中、
主要登場人物が少女と少年と爺さんという異様なメンバー
一番異様なのは妖精さんだけども
zinruisuitai-fairy.jpg

一体だけじゃなくうじゃうじゃいる「妖精さん」が面白い
無邪気でいたずら大好き甘いもの大好きという妖精の定番でありながら、
こんな可愛い顔をして「人として当然のことをしたまでです」「暗い所で人生について考えたいです……」など微妙にスレたことを言うので笑っちゃう
今季のギャグ枠も狙える
あと安心して見れる。これ大事
誰かがさらわれたりデスゲームになったりしないのでハラハラするようなシリアスとは無縁
ほんわかして見れるので癒されるわ
まあ逆に話の速度が遅いという欠点にもなるけど。基本二話完結
継続視聴

時計仕掛けのレイライン 攻略感想

『時計仕掛けのレイライン』クリアして一言
最後に「評価」が「SSS」と出て
「これ推理モノだったんだ……」とようやく気付いた双葉です
leyline-title.jpg

以下ネタバレ抑え目の話と簡単なあらすじ



「あなたの叶えたい望みはなんですか」
そんな入学案内の一文と、飛び立った青い鳥のような光
たった一つの「願い」を胸に『天秤瑠璃学園』に入学する「久我満琉」
しかし、入学早々に同じ新入生「烏丸小太郎」と共に銅像を壊してしまう
その件もあって『特殊事案調査分室』通称トクサで二人は働くことに

問題なのはその分室が扱う特殊事案が『魔術』であったこと
魔術師クラール・ラズリットが創立したこの学園には彼の遺品である魔術道具が秘密裏に保管されていた
分室とは勝手に自身を使ってくれる者の下へ訪れるその『遺品』を回収・保管するための人員だったのだ

特殊なのは魔術の『遺品』だけではない
夜になると学園が別の世界とつながって学園に通う「夜の生徒」であふれる『夜の世界』
昼と夜の二つだけど同じ学園で奔走する主人公たち

炎にトラウマを持ち目的を胸に秘める主人公「久我 満琉」
主人公の相棒でお人好しな苦労人「烏丸 小太郎」
主人公たちが来るまでたった一人のトクサだった孤高の女生徒「鹿ヶ谷 憂緒」
風紀委員で夜の世界を知る「壬生 鍔姫」
主人公とそりが合わず度々衝突する男風紀委員「村雲 静春」
夢見がちで妄想たくましい『夜』の女生徒「風呂屋町 眠子」
図書館の膨大な蔵書を全て把握している謎の女生徒「リト」
高笑い・謎オコジョ・年齢不詳の三拍子そろった学園長「九折坂 二人」
そして謎オコジョの「一(にのまえ)くん」


昼の学園と、一般生徒には知られていない『夜の学園』に『遺品』
不思議な学園で起きる魔術的問題を孤高少女・強気男・苦労人のデコボコ三人組が、
時に衝突し時に協力して解決していくファンタジー系ミステリ
「ここがただの学校だと思っていましたか? それは残念でしたね」




「レイライン」の意味はたしか遺跡を一直線で結ぶと意味がうんたら地脈がうんたら
簡単にいえば「上空から見るといくつかの遺跡が一直線に並んでるけどこれ意味あんの?」みたいな
「一直線に見えるのは偶然ではなく意図的なものである」という遺跡様式論
本作では魔術師の『遺品』をいくつも追いかけていくことによってそれらが一本道につながり、
学園と『夜の世界』の謎が解き明かされる……という意味合いだと思われ


冒頭でも言ったけどファンタジーというか推理モノ
だって最後に推理選択肢でのスコアランクでるし
ちなみに「SSS」だすとお土産壁紙(リト)がもらえる
ちなみにその時まで推理モノだと気付かなかった

気付かなかった理由としては推理系にしては推理で展開が変わるわけでもないし、
基本推理は状況判断と行動予測であって、推理して「謎はすべて解けた!」的シーンがないから
やっぱ調査・捕獲的な印象が強い

ただ終わってみると推理小説モノっぽいというか
事件が解決した後に裏の真相が語られるところとかかなりそれっぽい
双葉は完全に騙されましたよ、ええ。久々に上手いと思いましたよ
魔術的なストーリーで進みながら、真相は現実的なロジック
ちらっとだけ出たがかなり好きな家族話だ。『Flyable』の主人公親子もかなり印象深かった記憶がある
FDで久我家の話とかしないかなー

サブキャラが多いというのも推理系っぽい一つの要素
かなり話に絡んでくるとしか思えなかったリトとか黒幕臭しすぎな学園長(とペット)
ここら辺の話に絡んでくる人間はともかく、昼夜の女生徒コンビの存在意義が煙幕以上の意味がないのが
もう少し話に絡めてもよかなかとですか

そこから話がつながるのだが、遺品騒動の数が少ない
本ルートではおおまかに分けて4つの話(導入部分も含め)しかない
もう少しデコボコ三人組のチームプレイ(特に烏丸)の話を見たかったというのも
デコボコ三人組が事件を追う―――というのをやりたいのはわかるが、やはり中落ち感がある。量が足りん
小説とかならいい塩梅なのだが、これPCゲームだからもう少しボリューム欲しい

BLッサム的には相棒にお姫様だっこ(作中唯一)したり奇跡の生還で抱き合ったりする
某会長のように男のせいでイチャイチャが減るということもないためご安心
いや、いちゃいちゃ少ないけどね


さらに話がつながるのだが、
エロゲとしてはあともう一つな感じ
攻略対象が3人とかオイコラレベル
その攻略にしても二人は枝葉的な扱いで話の本筋にあまり関係ないし
推理モノだから攻略数少ない+個別ルートは薄いのは仕方がないが、あまりにも……
というかリト攻略できないとか誰が予測できただろうか
OPで学園長と並んでたからもしかしたらと思ったけどさぁ…

ちなみにエロは作中で一回
おまけアナザーで一回の3人×2回の6枠
分量としてはそんなに長くないけど、詳しくは後記


ルートとしては途中で分岐(眠子鍔姫ルート)して、「レイライン」本編後に憂緒ルートに入る
なので本編は「デコボコ三人組」ルートであって色恋的イチャラブはない
三人組結成→仲が良くないが認めあったり→決裂和解、とちゃんとしている


ボリュームの話にもつながるが、もう少し遺品の数が欲しい感じ
遺品の騒ぎにしてももう少し規模の大きな、もっと言うなら面白い混乱した状況になる遺品が見たかった
「クピドの矢」みたいなのを本編でもやるべきというか「遺品騒動」の印象をもう少し強くするべき
簡単に言うと盛り上がりに欠ける

そのせいで最後の話が最終章だと気付かなくてびびった
一応、トクサの仲違いという見せ場があったことはあったが、
遺品騒動の件のほうが静かすぎて最終章の事件だとは思わなかったわ

いや学園や『夜の世界』の秘密も語られて大団円的な雰囲気はあったけど
まだいくつかの伏線(モー子の親友ちかリトとかリトとか)が放置されていたから
さーてこれから最終章なんだろーな→EDムービー( ゚д゚)ポカーン

あと300ページの小説であと一章分残ってるだろうなあと読んでいたら
残り50ページが番外編だったかのような肩すかしを食らう
いわゆる尻切れトンボ
いや面白かったけどね。
登場した遺品とその騒動の結果がうまくつながっていて話としてはブレてなかったし
面白かっただけにもったいないというべきか。
もう一回言うけど三人組メインの話としては、
三人組結成→仲が良くないが認めあったり→決裂和解、とちゃんとしている
でもこの流れだと結束した三人組でもう一波乱ぐらいあると思うでしょ?
まだ解決してない巨大な伏線(モー子の友達とかリトとかリトとか)が残ってるんだし


まあ、そんなことは瑣末な問題さ
この物語で一番大事なのはモー子がやばいくらい可愛い\(^o^)/ということ
leyline-ushiochan.jpg
「レイライン」本編後の憂緒ルートにて主人公に強引に迫られるという事態になるのだが、
普段クールなのにキスをせまられたりしてあわあわするのが愛らしい
くそっ、本編とかどうでもよくなる勢いだぜ!
クールな人間が顔を赤くしたりとか慌てたりとか最高だと思う系男子なので大好物
ギャップ萌えというかクールの外面からのぞく繊細な内面が好きというか萌える

もちろんエロゲーの宿命としてエロい展開になるのだが、
ベッドに押し倒されても状況がまだわからず戸惑って、
「やめてください…やめてっ…」と言いつつも大した抵抗も出来ずキスなどでとろけさせられ、
「ちょっとだけだから」という男の言葉を真に受けてなされるがままになるとか
なんてチョロいんだ!!(褒め言葉)

ガードが超堅いのに巧みな言葉で強引に押し切られてエロいことされる憂緒さんが可愛いすぎる
展開に頭が追いつかず混乱してるのがよくわかって非常に萌える
というか久々にガチでシチュエーション萌えしたわ
声とか絵がエロいんじゃなくて状況と文でエロシーンに萌えたのは久々だ

しかもその後のおまけアナザーで立場が逆転して両想いになる夢を見る
とか萌え殺す気か
さらに夢から覚めた後、自分の見た夢に機嫌を悪くするのだが、その原因がそんな夢を見たことじゃなくて
自分が見た夢の中の主人公の態度にキレるというすごい独り相撲
なんだこの可愛い生き物………
作中ではかなりのクールっぷりを発揮していただけに落差が素晴らしい
続きが見たいという点だけを鑑みるならこの作品は神作


評は上の方に書いちゃったし、
個人的にもう憂緒ちゃんがかわいくて他どーでもいいや

クールな森谷実園ボイスもいいし、久々の真面目懐っこい かわしまりのも十分萌えた
萌花ちょこボイスは『アエリアル』と同じ人とか絶対わからん

最後に一言
絶対あのオコジョが黒幕だと思ったんだけどなぁ……

8月だけど31日発売っておい

アイス食べる機械と化している双葉です
まだ『創世奇譚アセリアル』の余韻から醒めきっていないというか、
『おっプロ』プレイ中
(正式名称『カミカゼ☆エクスプローラー』
体験版部分から萌エロだけだろうとあんま期待してなかったけど意外と面白いな
エロいのは当然としてな!

そして何回目かわからない『置き場がない』もプレイ
『アセリアル』との温度差が酷過ぎて癒されるレベル
敵(?)につかまったら

『置き場』:主人公、餌扱いをされるも解放される
『アセリアル』:主人公、敵モンスターにつかまって凌辱される

主人公がモンスターにレイプされるとか新しいよな!
見方によれば精神レイ○だけども、その後味方のはずの女将校に掘られるからどっちでも同じだわ
まあ二つの作品の一番の違いは、
生体OSが攻略できるかできないかだけどな!
あとはメイド的献身とロボ的献身の違いか

『アセリアル』ソフ特典アレンジBGM聞いてるけどいい感じである
やっぱBGMと違って自己主張がかなり激しいから聞いてて楽しい
5曲しかないけど


8月といったら戦争と書いてコミケがあるため新作の量が少ない
アセリアルでハングリー精神が満たされているためやる気ない新作まとめ
8月のゲーム特集~あそこが8月にゲーム出すの見たことねぇ編~

『Dies irae ~Amantes amentes~』
Dies irae ~Amantes amentes~応援中!

この間出たDies完全PSP版のPC版
E15なのでエロなしです。心配なのはグロがなくなることだけどどうなってんだろ

ぶっちゃけE15とか凶月兄妹の存在が抹消されてそう
地味に「私の~に手をあげたなァッッッ!」が好きなので生き残っていて欲しい。みや美んマジ怖い
まああの二人いなくなるとか有り得ないけども色々抑えられてそう
あと、ちょっとだけ波旬さん登場を楽しみにしていたり

というかゲッチュ特典の湯上り牛乳飲みマリィが可愛いすぎる


『イモウトノカタチ』
美優樹_720x120

『ヨスガノソラ』のSphereの2作目でまた妹ゲー
知名度の割には二作目だけど不安定と思いきやCUBEがあるしどうなんだろブランド
ブランド名だとCUBEの方が有名かもしれない(カントク補正込)

過去の災害で生き別れになった妹を探して再興した故郷に戻ってくる主人公の話
介護ロボ少女が出てきたり義妹か実妹か病弱妹(かもしれない)が出てきたりとヒロインの幅は広い
美優樹ルートに精神トラバサミがあるらしい

シリアスも搭載しているけどヨスガのイメージが強すぎてどんなシリアスか見当つかんな
今月一番の安全牌


『中の人などいない!』
ALcot『中の人などいない! トーキョー・ヒーロー・プロジェクト』 応援中!

東京23区のご当地ヒーローが実際にヒーローとして日夜戦っているお話
敵はゆるキャラドララ人(中身主人公)
面白そうではあるのだがパロネタ2chネタといつものAlcotというか二作前のアレを思い出す
Alcotは普通にやってくれれば普通に面白くなるから………!
まあ今作もバカゲーだろうけど

CV:阿久 世良さんはどうみても車の人です本当に(ry


『東京BABEL』


天国は封鎖され地獄は水没し数多の並行世界が滅んだ時、天空に誕生した「バベルの楼閣」
東京の街並みを模した七つの階層、その全てを「天使・悪魔・人間」が回りきれば
罪は許され世界は救われるという「巡礼」
だが「巡礼」の半ばバベルの神気にあてられ気が狂った元巡礼者の現支配者たち
彼らに裏切られ阻まれたことで巡礼は進まず世界は滅んでいく

そのバベルに現れた人類最初の女性にして夜魔「リリス
彼女によって滅びゆく世界から召喚された元人間の兵器「天道 刹那
ピブリオマニアな本好き天然天使「ラジエル
記憶喪失で天真爛漫な少女「久沓 空見
世界の為ではなく自身のために彼らは煉獄のバベルに挑む――――


怪奇憚系バトルモノをよくだすプロペラの全年齢版
声優を見ると沢城みゆきから喜多村英梨に男は神谷に櫻井と過剰レベルの陣形

さらに設定・名前・武器からしてとんでもなく厨二設定と力がこまれている
登場人物・武器ともに豊富だが逆にいえばまとめきれない設定だけゲーになってしまう可能性もある

シナリオは今までのプロペラと同じ東出祐一郎で、バトルものとして定評のあるから信頼度あるけど
全年齢だからCG多そうだし
もともとプロペラにエロ期待してる人いないし


続きを読む
ゲームカウントダウン!!
【ぜったい遵守☆子作り許可証ぱらだいす!!~嗚呼、素晴らしき孕ま世界~】2013年03月29日発売予定!!
『LOVESICK PUPPIES』を応援しています! 「流星☆キセキ -Shooting probe-」情報公開中! WHITESOFT『運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ』応援中! 『木洩れ陽のノスタルジーカ』応援中です! 【ハピメア】応援バナー ラヴレッシブ ラヴレッシブ 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!

『創世奇譚アエリアル』を応援しています!


プロフィール

双葉 美鶴

Author:双葉 美鶴
年齢不詳、まだ青年でいける……はず
犬と生活しているようだ。
相互リンク大歓迎中!
さあアナタも自堕落ライフを!!

Ring Clock
最新記事
コンテンツ
リンクバーナー
相互リンクブログさん

neyさん
似たような波動を感じる・・・・・・!
エロゲー好きのおすすめエロゲー紹介サイト 我が新たな同胞よ!!

Apple Enthusiantさん 更新orz
2つの目覚まし時計さん アリアスを超応援してる!
静夜詩さん ルゥリィはかわいいなあ……閉鎖しちゃったけど


猫が小説を読む都市伝説 小説都市
双葉美鶴の自堕落生活
相互リンク大歓迎!!


同人サークル
すいすい水夢さん
SHINE激オモシロ
AtaraxiAさん
マジカルメイドとシスコン紳士
ゲームブランド(敬称略、順不同)
Lunp of Sugar ホントの嫁たちがココにいる(笑)
暁WORKS 一癖も二癖もある主人公
その他(敬称略)
月別
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード