『竜翼のメロディア』攻略感想というか完走 | 双葉美鶴の自堕落生活
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  エロゲレビュー  »  『竜翼のメロディア』攻略感想というか完走

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『竜翼のメロディア』攻略感想というか完走

毎回恒例の魂の一言

ドーラさんDEBANなさすぎじゃないっすか!?

『竜翼のメロディア』攻略完了しました
ryuuyoku-title.jpg

ドーラさんの影薄さがハンパないレベル
「親方! 空から女の子が!」の少年が少女無視して親方と冒険ファンタジー繰り広げるレベル
「涼風のメルト」の精霊ショコラが本当に希少種な犬だった並の話のかかわらなさ

各ヒロインルート入るとフェードアウトするのはもちろん、トゥルールートでは
最終決戦に参加させてもらえないという素敵さ加減
何が駄目ってこの話の本質に近いドーラさんがいなくても話が成り立つという……
つーかエラゴンみたいにさ! 幼竜が成長して友情に目覚めたり勇気に目覚めたり、一緒に成長する話になると思ったのに蓋を開ければこの様。ドラグノールとはなんだったのか……

もう一つ、前記事「体験版感想」でも言ったが「音楽」について
さらに主題歌・挿入歌・終幕曲合わせて8曲あり、
お姫様がドラゴンと契約して歌うことで力を発揮したり主人公が音楽学校に通っているという
異世界ファンタジー・ドラゴンに並んで音楽前面押しにもかかわらず
音楽用語が規制されてんのかってくらい少ない
どんくらいかというと主人公のメイン楽器が弦楽器以上の事が不明という
バイオリンなのかヴィオラなのか、異世界楽器だとしてもそういう描写が一切なくてですねぇ……


一部ルート以外では全く「音楽」ということについて触れてさえいない
別に専門用語連発しろとは言わないけどさぁ、
もうちょい音楽・歌というものについて触れてもよくないでしょうか?
なんで「歌」で「竜」から力を受け取れるのとかさ……
そんな感じのことを踏まえてルートごとの検閲済みな感想を簡単に


・妹ルート(メル)
榊原ゆいボイスに歓喜
恋人になる前に兄の気を引こうとがんばる姿が愛らしい
義妹というものはよいものですな! しかもゆいにゃんボイス!

いちゃらぶとしては「血の繋がっていないのを知らない妹と知っている兄」
「歌姫として成長する妹と作曲家として追いかける兄」とかの要素が有り

ちなみにいちゃらぶ以外ではこのルートは伏線です
捨てルートとも言う。
ぶっちゃけよくわからんうちに話が終わる
いや、話の山に『兄をとるか、国をとるか』というのがあるんだが、話が急+どうして両立できないのか謎+心情描写がないので盛り上がりに欠けるという
二大ヒロインとは一体うごご
まだこのころはドーラさんの姿はあったという……


・姫様ルート(フローラ)
王道が詰め込まれたルート
姫様に密会するために白に忍び込んで逢瀬を重ねたり、王家の籠の鳥の状況に苦悩したり、
邪竜を封印したりと、ファンタジーっぽいな!
このぐらいの王道でいいと思ゆ
弱点は唐突な解決策くらい。まあそれも王道っちゃ王道なのでギリ問題ないかと
王道は勢いと〝王道力〟が大事


・研究家ルート(クロエ)
このルートだけしっかりと『異世界』という設定をちゃんと使っていたことに驚愕するルート
技術的に未熟な世界で、「遠くの土地まで音楽を届けたい」という主流とは離れている研究を、
確固たる目的をもって進めて歩いていくヒロインのルート

このルートのなにがすごいってちゃんと技術背景・設定とかが考えられているという……!
…………言っていて空しいなけども
けどダンジョンを探索するというのも目標がしっかりしていて、
ちゃんとこの時代・この世界をよくあらわしている面白いルートである
このルートだけでクオリティが違いすぎて何故このライターをメインにしなかったのか理解に苦しむ

ヒロイン自体も魅力的で、最初は守銭奴的な印象だがそれが研究のためであると判明し、
「自分の村に歌を届けたい」という夢にまっすぐ進む姿は魅力的
印象としては音楽研究者という通り「賢い」、というか「色々考えてる」
技術のこととか以外にも他人の行動や考えをちゃんと理解しようとしている
まあそれが良い結果をもたらすとは限らず空回りしているが

たとえば自分の恋心を理解して、
「浮気、してもいいよ。好きな気持ちは変わらないから」→「……やっぱ浮気しちゃ、ダメ」
となったりするのは最高ですね
こういうぐるぐる色んなことを考えている娘は好きです
でもそれが裏目に出るというか、頭良いいのに恋心に振り回される姿とかありがとうございます

さらに素晴らしいのは長期休暇を利用して同棲したりするのだが、
朝起こしに来たらそのままちゅっちゅ
朝シャンのヒロインと出食わしたら→キャーエッチービターンではなく、「見ても、いいよ…」 というあっま~い!
そこからエロが始まらないのが良し!
Hシーン始まらないエロい恋人同士のコミュニケーションは大好物です!
えろいイチャコラが意外と少ないからねエロゲって……大抵Hシーンに突入するから


余談だけどフランツのアレは手のひら返し、
というより「結果を伴った直訴」というのが研究家らしいので許した
研究者というのは実力主義というか結果主義だから


・音楽家ルート(シンシア)
天才的な才能を持つ先輩と「少女の姿になる楽器」である少女プリムの話
なんというか一番このルートが「音楽」に真面目に向き合っていたという
技術は天才的だが、ないがしろにしていたわけではないが音楽に対する情熱を持っていなかった先輩
それが音楽祭や「生きた楽器」プリムを通じることで成長し変わっていくお話

主人公もこのルートでは結構作曲というものについて考えています
これぞパンツの力!

先輩のキャラとしては「年上のしっかり者お姉さん」「エロいことにあわあわ」
なんというか淒い赤面させたくなるヒロイン
だからこのルートでは主人公がイキイキしてるんだ!

ちなみにプリムさん・Cv木村あやかのロリボイス。
超舌足らずで中身も幼い子供。先輩といるとまさに親娘
主人公を含めた三人親子にによによする


・騎士ルート(セルフィ)
堅物で子供の作り方も知らないくらいで無論恋心についても全く理解なし
だけども護衛任務にあたって主人公に訓練したり恋人のふりをするうちに、
「これは命令です。姫様と、仲良くしちゃ、だめ」
任務に私情がまじったりする姿が良し
即ち、いちゃこらは良いんだよ

シリアスについては、もうね、ただ薄っぺらい。胸のことじゃなくてね
主人公も薄っぺらければ、ヒロインも薄っぺらいし、暗殺者どころか黒幕までも薄っぺらい
正直苦行で、スキップしなかった双葉を褒めてほしいレベル
もう内容について語ることすら億劫。
なんというか早くルート終わらせたい感がひしひしと感じる展開だったとだけ言っておこう
ハッキリ言ってこれを18歳以上に読ませようと思った勇気だけは買おう
その他はワゴンにでも放りこんどけ

これでも相当マイルドな言い方だから。どれほどのものかは知りたければプレイ推……奨はできないけど


・トゥルールート(+全体的に)
他のルートにあった全ての謎が明らかになるトゥルールート………!
まあ伏線あからさまでした上にいくつか放置されますけど
ハッキリ言って全ヒロインルート終わって、トゥルールートはどんな風に伏線を消化するかを予想すれば
それがこのルートだ
ぶっちゃけ伏線消化以外のことやってない。ぷよぷよを消す感じに予想可能
それでも6連鎖くらいすれば見栄えするのにアイスストームで停止
あ、バルディスさん(男)の意地があった。あと邪竜の子供設定くらいか


『竜翼のメロディア』というタイトルでドラゴンを強調したうえ、
「人化したドラゴンは特徴を残す」みたいな設定があったから、
『ふーむ多分主人公は翼をもがれたドラゴンだから特徴が残ってなくて、最後はドーラさんが翼代わりになるんだろうな』と予想してたらそんなことなかった
むしろドーラさん自体いなかった


個人的に主人公が冒頭で『邪竜』=悪印象ではないなことを言っていたので
邪竜は人類滅殺に目覚めた他の竜を殲滅してその恨み呪いが募った犠牲となったのだ的なアレだと思ったら
ただの遺伝子病でした―――の絶望感。
ええ、「Whirlpool」らしくない絶対敵ですよ『Lunaris Filia』
『マギウス』は世界樹自身で、『77』の「NANA」は帰りたいだけ、『凉風』はそもヒロイン本人
ぶっ倒してハッピーエンドなんて安っぽいのをやらないの雰囲気だったのにね(´・ω・`)


さらに言うなら主人公=ドラゴンなのだが、この設定がガチで意味ない
人に育てられたドラゴンというポジションでドーラさんの存在を消滅させたくらい
利点が昔出会って心通わせていた、というシチュが作れたくらいか

というかこれじゃ人の力で邪竜を滅ぼそうとした宰相と立場あんまり変わらない気がする
一応「機械による歌<人の歌」で対比しているが、
「邪竜」を滅ぼしたのが「竜と人」の力というより「竜に覚醒した人の力」で「竜」が力以上の意味ないじゃん
結局、実利主義で「竜」や「王家」をないがしろにした宰相と変わらないというか……


正直、ここまでボロクソ言ってると自分が偏屈だったり重箱の隅をつついてるように錯覚して、
このクオリティが普通なのかと思ったけどドーラさんの扱いを思い出して俺は間違ってないと確信した
さすがにないわー……

「竜翼」とかいいつつドラゴンは基本ただの「障害」だし、学校にドーラさん連れて行けないから出番減るし、ドーラさんが邪竜を撃つのかと思ったら今までガチで意味のなかった「主人公=ドラゴン」持ちだしてドーラさんフェードアウトするわ、歌が主題なのに研究家・音楽家ルート以外では「魔法」的な意味合いでしかないし……

あ、でもトゥルールートでドーラさん人化とか安易に3Pとかしなかったのは評価しよう
ホントその一線越えなかったのはほっとした


総評としては、
歌も悪くないしCGも好みが分かれそうだが問題ない
音楽もまあ非をつけるものではない
歌は単体ではいいんだけど、もうちょい雰囲気に合わせるというか、
挿入歌なんだから歌詞も内容を反映したものにしてほしかったくらいかな
歌自体はかなり好き。特に「Shiny Butterfly」「Realize」「Blaze on」は聞きまくってる

問題なのは文章と展開
この二つだけで駄ゲーになり下がらせてる
正直、研究家・音楽家の二ルート以外は文章専門じゃない人間が書いてるだろうと確信させるほど
展開もアレだけど文章でもう少しどうにかなったと思わなくもないというか
「竜」「歌」を前面に押し出してるのに演出以上の意味を持たないのが……

「竜」と「異世界」にひかれたのなら買うのを止めるべき
ドーラさんのDEBANなくすとかヒロインが攻略できない並の暴挙だろ!!!
はっきり言って上記の二ルートなかったら1万円のソングアルバムとおまけと化していた
ここまで私をおこらせたのは『Lunaris Filia』以来ですよ、ええ

自分は合格判を簡単に押す人間(名作かどうかは別として)だと思っていたんだけど、
その認識を改める必要が出てきた気がする

最後にもう一言
ドーラさんの存在が最終決戦では消されるのはまだしも
エンディングCGくらいにはドーラさん入れてやれよ………!
発売前はあたかも主役級の扱いだったのに……
これは夢なんだ。
現実はまだ発売日前で、購入したらドラゴンと愛と勇気の冒険ファンタジーを楽しめるんだ……

ryuuyoku-dora.jpg

ドーラさあああああああああああああん(´;ω;`)
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
ゲームカウントダウン!!
【ぜったい遵守☆子作り許可証ぱらだいす!!~嗚呼、素晴らしき孕ま世界~】2013年03月29日発売予定!!
『LOVESICK PUPPIES』を応援しています! 「流星☆キセキ -Shooting probe-」情報公開中! WHITESOFT『運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ』応援中! 『木洩れ陽のノスタルジーカ』応援中です! 【ハピメア】応援バナー ラヴレッシブ ラヴレッシブ 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!

『創世奇譚アエリアル』を応援しています!


プロフィール

双葉 美鶴

Author:双葉 美鶴
年齢不詳、まだ青年でいける……はず
犬と生活しているようだ。
相互リンク大歓迎中!
さあアナタも自堕落ライフを!!

Ring Clock
最新記事
コンテンツ
リンクバーナー
相互リンクブログさん

neyさん
似たような波動を感じる・・・・・・!
エロゲー好きのおすすめエロゲー紹介サイト 我が新たな同胞よ!!

Apple Enthusiantさん 更新orz
2つの目覚まし時計さん アリアスを超応援してる!
静夜詩さん ルゥリィはかわいいなあ……閉鎖しちゃったけど


猫が小説を読む都市伝説 小説都市
双葉美鶴の自堕落生活
相互リンク大歓迎!!


同人サークル
すいすい水夢さん
SHINE激オモシロ
AtaraxiAさん
マジカルメイドとシスコン紳士
ゲームブランド(敬称略、順不同)
Lunp of Sugar ホントの嫁たちがココにいる(笑)
暁WORKS 一癖も二癖もある主人公
その他(敬称略)
月別
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。